2か月間も治らず痛い突き指を3分の施術で完治 | 浦和中学生バレーボール部

バレーボールの練習をしていた2ヶ月前に、右親指を痛めた。

かなり腫れたので、整形外科でレントゲンを撮ったが骨折は無し。

突き指と診断されてサポーターを購入し、練習も休んでしばらく固定しながら安静にしていた。

だんだん良くなって来たので、バレーボールも再開したのだが、まだ親指が曲がりきらない。

スマホを親指でフリックするのも痛い。

グーが出来ない。

近所の接骨院では電気治療やマッサージを受けているが、なかなか治らないと悩んでいた時、知り合いに聞いて浦和からご来院。

施術開始

結論から言いますと、今回の2ヶ月治らなかった突き指は3分で治りました。

一般的に突き指は、指の靭帯や腱が無理に伸ばされた、もしくは縮められたせいで痛いと言われています。

治療手段としては、テーピングなどで固定して患部を動かさず安静にしていれば、1~2週間で自然に治ると言われます。

しかし、実際は今回の様に、なかなか治らない突き指がとても多いです。

断言しますが、仮に1ヶ月安静にしても治らない突き指は、それ以上いくら安静にしても治りません。

良くなったと思って動かし始めると、「やっぱりまだ痛い」の繰り返しになります。

今回の突き指は2ヶ月経っていて、腫れも無いのにまだ痛いという症状でしたので、残ってる痛みの原因は、腱の硬さだと考え施術。

思った通り、施術に要する時間は、わずか3分で充分でした。

施術後はしっかりとグーが出来る様になり、2ヶ月間も痛かった突き指は、これで完治です。

まとめ

突き指は指の捻挫の通称です。

「捻挫は固定」

それが一般常識になっでいますが、適切な施術をすれば、昨日の突き指でも2ヶ月前の突き指でも10年前の突き指でも、最短一回で治ります。

今通っている治療院で、ずっと固定と安静を指示されているようでしたら、一度セカンドオピニオンをお勧めします。

関連記事

  1. 股関節が痛いグロインペインのイメージ画像
  2. 変形性膝関節症
  3. 四十肩・五十肩(肩関節周囲炎)は施術で治ります。
PAGE TOP