ねん座が癖には嘘!捻挫は癖になりません

捻挫癖について

「捻挫が癖になってしまった」

運動部の学生やスポーツ選手で、そんなことを言う人って結構います。

特に足首に多いイメージです。

以前にトレイルランという山の中を走る競技をしている方が

「捻挫が癖になってるから、冗談抜きで100回は捻挫している」

と言っていました。

山道はデコボコなので余計に足首を捻挫しやすいのは確かです。

しかし、捻挫は癖にはなりません。

「いやいや、癖になってるから100回捻挫するんでしょ!」

そう思いますよね。

しかし、何回も捻挫を繰り返すのは、癖になっていると言うよりも「治っていない」からです。

「治り切っていない」と言った方が正しいかもしれません。

人間の靭帯はとても強力です。

それが何度も捻挫するという事は、しっかり治っていないから、捻挫しやすくなっているのです。

それならば、完治させればよいだけです。

例えば、5年前の捻挫でも施術で改善、完治できます。

電気やマッサージではなかなか捻挫癖は治りません。

「捻挫が癖になる」

そんなことはありません。

捻挫は確実に完治させましょう。

捻挫が癖になったと思って困っている方、捻挫は癖になりません。

一度セカンドオピニオンをお勧めします。

関連記事

  1. 変形性膝関節症
PAGE TOP