四十肩・五十肩(肩関節周囲炎)は施術で治ります。

四十肩・五十肩について

簡単に説明

  • 肩が痛い
  • 肩が上がらない
  • 肩に力が入らない

50代の方が、そんな症状を患って医療機関へ行くと、間違いなく五十肩と診断されます。40代だと四十肩、正式名称は、肩関節周囲炎といいます。腱鞘炎やアキレス腱炎等と同じく、患部が炎症しているということです。

しかし、炎症なら冷やしたり安静にしていれば治るのですが、いくら冷やしても安静にしても、肩関節周囲炎は治りません。炎とは名ばかりで、実は炎症が原因ではないからです。

https://midorisei.jp/archives/1297

また、四十肩・五十肩は、2、3年経ったら自然に治ると言われていますが、逆に言えば自然に治るのを待つしかないということです。炎症ではないのに炎症と言っているぐらいですから、それはそうですよね。

簡単にまとめると、40代や50代が肩を痛めたら、それぞれ四十肩・五十肩と呼ばれるだけ。肩関節周囲炎という正式名称はあるが、炎症ではない。治療法は確立されておらず、自然に治るのを待つケースがとても多い。

原因

肩こりの女性

四十肩・五十肩の原因はどこにあるのでしょうか?

世の中ではさまざまな原因がいわれています。

加齢を起因とする、

  • 肩の血液循環が悪くなるから
  • 肩の筋肉が硬くなるから
  • 肩の関節の潤滑油が切れているから

あるいは、

  • 肝臓が悪くなり重たくなっているから(右肩)
  • 心臓の弱りを肩代わりしているから(左肩)

など。

信憑性のありそうなものから「本気で言ってるの?」と、疑ってしまいたくなるようなものまで。

「脳の勘違い」や、最近では「肩周辺に新しい血管が産まれている最中だから」なんて言う先生もいらっしゃいます。それだけ、医療機関や治療院にとって、四十肩・五十肩は完治させるのが難しい疾患という事です。

当院も四十肩・五十肩を多数施術してきましたが、改善する事もあれば、改善できない事もありました。自然に治るのを待つしかないのかと、本気で思う事もありました。

ところが、ある仮説を立てて施術し始めると、改善率がグンと上がりました。

四十肩・五十肩の患者さんを、何百人も見てきた結果、肩を動かす時に、肩の筋膜が上手にスライドできていない事に気が付きました。この肩のスライドをスムーズにできるようにする事で、現在では四十肩・五十肩を完治へと導いています。

治療

温熱治療や電気治療は、意味も効果もないと考えているので、一切おこないません。治療は施術一本です。

https://midorisei.jp/archives/509
https://midorisei.jp/archives/573

施術ポイントは、筋膜に大きく関係しています。筋膜がどう動いているか、どこをどう動かしているかが重要です。肩のマッサージや関節矯正は、まったく意味はありません。

治療ポイント

当院の施術、四十肩・五十肩の治療ポイントは4つあります。

【肩関節周囲炎 4つの治療ポイント】

  1. 脇の下をゆるめる
  2. 痛めた方の反対側の背中をゆるめる
  3. 鎖骨周辺をゆるめる
  4. 筋膜がスムーズにスライドできるよう調整

起因となっている筋膜を伸ばし、スライドがスムーズにできるよう調整することで、四十肩や五十肩はどんどん改善します。この理論は、当院独自の理論です。

まとめ

肩こりの男性

四十肩や五十肩は、1年から2年で自然に治るといわれていますが、確実に治ると言い切れるものではありません。また、1年以上肩が痛いままというのは、日常生活にも支障をきたしますし、精神的にもツラいものがあります。

しかも、いずれ治るからと痛みを長い間放置していると、筋肉が固くなって治療しずらくなったり、痛みをかばって他の場所に痛みが出始めたりと、良いことは何もありません。

どんな疾患でも、施術開始が早ければ早いほど、完治までの期間は短くなります。

はっきりと申し上げます。四十肩・五十肩は施術で治ります。もし、現在通っている治療院へ長期間通院していて、不安に思っているようでしたら、セカンドオピニオンをお勧めします。

関連記事

  1. 股関節が痛いグロインペインのイメージ画像
  2. 有痛性外脛骨
PAGE TOP