接骨院について

接骨院とは、柔道整復師が柔道整復術をおこなう施設のことです。当院は整骨院を名乗っておりますが、接骨院と整骨院の意味は同じです。

かつて接骨院は「接ぐ骨」の名の通り、ほねつぎ屋とも呼ばれていました。

今となっては、あまり使われない言葉ですが、骨折した骨と骨を整復してつなぎ合わせたり、脱臼した関節を元に戻すなど、その名に恥じぬ、骨と関節のプロフェッショナルでした。

しかし、現在では骨折をしたら接骨院ではなく整形外科医へ行くのが当たり前となっています。

何故そうなってしまったのでしょうか?

それは、柔道整復師の法律が改正され、接骨院ではレントゲンが撮れなくなってしまったからです。レントゲンが撮れなければ、骨折の位置や状態が正確に分からず、接骨院のできる処置といえば、応急的なものとギプスが外れた後のリハビリ程度です。

そういった事情もあり、現在の接骨院が本領を発揮する疾患は、骨接ぎ(骨折)ではなく捻挫や肉離れ、ぎっくり腰などの筋疾患となっています。

そんな接骨院の現状をご存じでしょうか?

柔道整復師の資格は、専門学校を卒業し、国家試験に合格すれば取得することができます。そして資金さえあれば、資格取得後すぐに接骨院を開業することが可能です。しかし、 そこに大きな問題があります。

実は専門学校では、実技を教わりません。

身体の作りや痛みの原理、理屈は教本を使って教えてくれますが、実際に現場で使う、痛みを取るための施術や治療法は一切教えてくれないのです。

だからなのでしょう。

以前、接骨院や整形外科を何軒もたらい回しにされ、やっとの思いで当院にたどり着いた患者さんがいました。どんな疾患かというと、肘が外れている状態、いわゆる亜脱臼です。

亜脱臼は電気治療やテーピング、湿布では治りませんし、ましてや自然に治るようなものでもありません。亜脱臼を治すためには、数十秒で終わる簡単な施術が必要で、それは誰かに教わるか、 自ら見つけ出さなくてはなりません。それが何軒もたらい回し合ってしまうという現状…

ちなみに当院では、ものの何秒で整復させました。

では、実技(施術)を教わっていない接骨院は、どうすれば良いのでしょうか?

それは、優れた治療家に出会い学ぶしかありません。

かく言う私も、全国各地の名だたる治療家を師と仰ぎ、たくさんの手技や手術法を学びました。

しかし、それらの師から学んだ手技には、得意な疾患もあれば不得意な疾患もあったり、メリットもあればデメリットもあったりと、私の技術が向上するにあたり様々な壁や不満にぶち当たるようになりました。そんな気持ちを抱えたまま試行錯誤を繰り返し、数々の疾患を完治へ導く中で、いつしかオリジナルの治療理論「反射運動理論」を生み出すに至りました。

それは今まで学んできた治療の考え方を根底から覆し、完治率や完治までにかかる時間を飛躍的に向上させるものでした。現在では、反射運動理論「Reflex Motion Theory」RMTと名づけ、治療家の育成も行っております。

最後に、これからの接骨院はどうあるべきか?

治療家というものは、本来治療のやり方を誰かに学ぶか自ら見つけ出し、プロフェッショナルにならなければならないはずです。

しかし、一般の接骨院でおこなわれる機械や医療用品での治療は、そのメーカーの営業が指南書(説明書)をくれたり、無料で使い方を教えてくれるので、最近は、機械や医療用品に頼りすぎているのではないでしょうか。

当院も以前は機械を使った電気治療をおこなっていましたが、機械での治療に疑問を持ち、現在、機械を使った治療は一切おこなっておりません。電気治療器など、とうの昔に売ってしまいました。

また、キレイに包帯やテーピングを巻く接骨院もありますが、当院では包帯も巻かなければテーピングもしませんし、湿布も貼らなければ処方もしません。

なぜ、そのような一般的な接骨院の治療をしないのか?

それは施術に比類なき自信を持っているのはもちろんですが、包帯もテーピングも電気も湿布も、すべて自然治癒を待つ行為、つまり時間が経って自然に治るのを待っている行為だからです。

当院の治療は、機械や医療用品には頼らず施術一本で勝負しております。接骨院というものは、固定させたり湿布を貼ったりと、騙し騙し自然治癒を待つのではなく、積極的に痛みを取り去り早期回復させる場所であるべきです。

これからも当院は、治療理論を日々更新上書きし、更なる技術向上を目指し、さまざまな疾患の回復に努めて参ります。接骨院とは本来そうあるべきではないでしょうか?

関連記事

  1. アキレス腱炎や足底筋膜炎は炎症ではないので、施術で治ります。
PAGE TOP