電気治療について

電気治療って意味あるんですか?

電気治療って効果あるんですか?

当院が電気治療をおこなっていた時代に、患者さんからよく聞かれた質問です。

電気治療は、電気治療器を用いた治療で、どこの接骨院や整骨院、整形外科のリハビリステーションへ行っても当たり前のようにおこなわれています。

当院も、設立当初は現在よりもベッドを2台多くして、一般的な接骨院と同じように電気治療器を使用しておりました。そして、電気治療器に患者さんを任せている間に他の患者さんを施術する。電気治療器を積極的に使用し、同時に何人もの患者さんを機械に任せて施術をおこなう、街でよく見かけるごく普通の接骨院でした。

しかし、現在当院では治療器を手放し電気治療は一切おこなっておりません。

どうして、おこなわないのか?

電気治療の意味や効果について、当院の考えをまとめまてみました。

この記事の目次

1.電気治療とは?

電気治療は電流刺激療法と呼ばれ、電気や超音波、温熱などの物理的な刺激で痛みの緩和や機能の回復を図る物理療法の一つで、身体に電気の刺激を与える治療法です。

電気治療器を使い身体に電気を流すことで、人間にもともと備わっている電気的な性質を利用し、筋肉の緊張による血行不良の改善、痛みやコリを緩和を促します。

2.電気治療の意味や効果

電気治療は一般的には以下の効果があるといわれております。

  • 血行をよくする
  • 筋肉のコリをほぐす
  • 筋肉の疲れをとる
  • マッサージ効果
  • 疲労回復
  • 神経痛、筋肉痛などの痛みを緩和

3.電流刺激療法の種類

電気治療器には以下のような種類があります。

TENS(経皮的電気刺激療法)のイメージ画像

1
TENS(経皮的電気刺激療法)

一般的に低周波治療のこと。電気治療といえば、このTENS(テンズ)のことを指します。電気で知覚神経に刺激を与え筋肉の収縮・弛緩を促し血液の流れを改善させます。

EMS(神経筋電気刺激療法)のイメージ画像

2
EMS(神経筋電気刺激療法)

電気の刺激で筋肉を収縮させ、脳血管障害などのリハビリに利用されています。また、スポーツ選手に高い効果が得られたとして筋肉トレーニングの運動器としても有名です。

マイクロカレント療法(微弱電流療法)のイメージ画像

3
マイクロカレント療法(微弱電流療法)

人間の身体にもともと流れている生体電流に似た微弱な電流を使い、ケガや痛みの治療に効果が高いとされています。美容効果も高いとして、エステ業界でも使用されています。

干渉電流刺激療法のイメージ画像

4
干渉電流刺激療法

周波数1,000Hz以上の2つの異なる中周波電流を生体内で交差させるのが干渉電流刺激療法です。皮膚抵抗の低い中周波電流を利用し、深い部位まで作用させることができます。

ロシアン電流刺激(ロシアンカレント)のイメージ画像

5
ロシアン電流刺激(ロシアンカレント)

2,500Hzの中周波電流を使った電流刺激で、主に筋肉トレーニングに使用されています。ロシア人によって紹介されたことからロシアン電流刺激と呼ばれるようになりました。

高電圧電気刺激療法のイメージ画像

6
高電圧電気刺激療法

200Vの高い電圧の電気刺激を極めて短い時間流すことで、皮膚抵抗を受けにくくし低周波では届きにくい、筋肉の奥深くの血流改善、痛みやコリを緩和するのに適しています。

立体動態波刺激療法のイメージ画像

7
立体動態波刺激療法

異なる方向に3つの中周波を流し干渉させることで複雑な干渉域を発生させ、立体的に患部へアプローチすることで、深層から表層まで広い範囲の治療ポイントをカバーします。

4.誰も知らない本当の効果

実際に電気治療を受けたことのある方にお聞きしたいのですが、電気治療の効果って、あまりにも実感が薄くないですか?

治療を受けている時は、ピリピリと効いている気がするかもしれませんが、

  • 本当にコリは取れていますか?
  • 本当に疲れは取れてますか?
  • 本当に痛み、しびれは取れていますか?
  • 本当に効果を感じられましたか?

そもそも、電気治療器の効果は、その言い回しを変えているだけで、ひとことで言えば血行不良の改善です。つまり、怪我や傷、疲労部分の血行を良くして治癒力を高め、自然治癒を待っているということです。

ということは、揉んだり温めたりしても血行は良くなりますし、効果も電気治療とそれほど変わらないでしょう。しかも、そんなに薄い効果で結果が出る程度の疾患なら、何もしなくても自然に治っているのではないのでしょうか。

5.なぜ電気治療をするのか

では、なぜ効果の薄いと思われる電気治療器を治療院で使うのか?

それは、機械を使うことで効率よく患者を回転させるためではないでしょうか?

覚えのがある方もいらっしゃると思います。電気治療を15分おこなったあとにマッサージやストレッチを15分、合計30分やってワンコイン、つまり500円を払って帰る。そうすると、やっている方もやられている方も「これだけ時間を掛けたんだから」と満足して、場合によっては治った気がしてしまうのではないでしょうか?

もちろん、そいういったプラシーボ効果で治る方がいるのかもしれませんが、これは、患者さんの滞在時間を増やす為、また、たくさんのお客さんを回転させる為の時間稼ぎだと気が付いてしまったのです。

確かに電気治療をしている間に別の患者さんを診る、これはこれで数はこなせます。

しかし、

  • 本当に治せているのか?
  • やって意味があるのか?

そう自問自答しているうちに、それなら一人一人に時間をかけて、機械に頼らず施術で完治させようと思い、ベッドを減らして、じっくり40分から50分かけて施術するようにしました。

すると不思議なことに、患者さんを施術で治さなければならないという使命感に駆られ、さまざまな手技、理論を学び、治療家としての技術が飛躍的に向上しました。そして、気が付けば、それまで治せなかった疾患の完治率が上がり、自分自身でも治しているという自信がつき、結果として電気治療器を手放して良かったという考えるようになりました。

6.電気治療器を売った値段

電気治療器のイメージ

ところで、電気治療器の価格を知っていますか?

当院が購入した電気治療器の価格は、当時450万円もしました。

しかし、その買った時に450万円もした電気治療器は、5年使用したのち専門業者へ売ったら25万円にしかなりませんでした。 きっと電気治療で元は取れていないと思いますが、治療家としては成長できたので、今では高い勉強代だったと納得しております。

ちなみに売ったお金は施術ベットの購入にあてました。電気治療時に使っていたベッドは知人に譲り、施術に特化したベッドを2台。現在は、さらに昇降式ベットにパワーアップしています。

7.当院の考え

電気治療は血行をよくする効果で自然治癒力を高め、自然に治るのを待つ行為です。

当院も設立当初は、治療手段や治療ポイントが分からず、電気治療器に頼る治療をおこなっていました。それは柔道整復師の学習環境に問題があるというのは、「接骨院とは」という記事に書かせていただいた通りです。
接骨院とは

当院は電気治療を止め、施術一本にしたことによって、完治率が飛躍的に上がり、今ではオリジナルの理論「RMT」に、たどり着くことができました。

そして、その理論でいえば、痛みの原因(治療ポイント)は患部にありませんので、患部(痛い部分)に電気治療を施している時点で、まったく意味のない行為だと気が付きました。。

では、患部でなく正しい治療ポイントに電気治療を施せばスムーズに完治するのでしょうか?

時間があればそれなりに結果が出るかもしれませんが、それは結局、患者さんの自然治癒力に頼らなければならず、軽度の疾患にしか期待できないでしょう。今日中に治したい、来週試合があるなどといった場合は間違いなく不可能です。

しかし、施術でしたら、例えぎっくり腰の患者さんがご来院されたとしても、最短一度の施術でスタスタと歩いて帰えらせることが可能です。

8.まとめ

当院の経験上、電気治療は効果が薄く、施術の方が結果が出ます。ただし、忘れていけないのは、専門職には技術とセンスが必要だということ。

美容室や歯医者、飲食店で考えれば分かりやすいのですが、当然、治療家にも技術とセンス、つまり腕が必要であり、同じ接骨院や整形外科でも、受けられる治療や施術、期待できる結果はまったく違うということです。

当院はオリジナル理論「RMT」を基に、機械は使わず施術のみで治療をおこない、最短一回完治を実現している数少ない治療院です。
RMTとは

もし、電気療法や電気治療器に疑問や不安を感じているのでしたら、一度セカンドオピニオンをお勧めします。

関連記事

  1. アキレス腱炎や足底筋膜炎は炎症ではないので、施術で治ります。
PAGE TOP