変形性膝関節症

変形性膝関節症について

膝関節の痛みの原因は何なのでしょうか?

膝の痛みは、とても多くの方が悩んでいる疾患のひとつで、当院にもたくさんご来院されます。どちらかというと、男性よりも女性、しかも高齢の方に多い印象があります。

その症状はというと…

  • 立ち上がる時に痛みがある
  • 階段の昇り降りが痛い
  • 長く歩いていると痛い
  • 膝の内側に痛みがある
  • 膝の裏側に痛みがある
  • 膝の関節全体が痛い

など、人によって様々です。

そしてその痛みを抱えて医療機関へ行くと、医師から必ずこう言われます。

「膝の軟骨がすり減っているからですね」

そして診断されるのが、

「変形性膝関節症」

膝が変形していますという、とても抽象的な名前です。

簡単に説明

当院の考えとは違いますが、一般的な変形性膝関節炎の概要を以下に抜粋しました。

変形性膝関節症とは、体重や加齢などの影響から膝の軟骨がすり減り、膝に強い痛みを生じるようになる病気です。女性に発生することが多く、加齢、肥満、外傷なども変形性膝関節症の発症に関与していると考えられています。

膝は体重負担が大きくかかる部位であり、変形性膝関節症の発症を防ぐためには体重を増やしすぎないようにコントロールすることが重要です。さらに、膝周囲の筋力をしっかりと保持することも、膝への負担を軽減させるためには有効だと考えられています。また、病状が進行すると歩行が困難になることもあり、そのような場合には手術が検討されます。

出典:変形性膝関節症について | メディカルノート

診断

一般的な診断では、レントゲン撮影やMRIなどおこなうケースもあると思いますが、ある程度年齢がいった方の膝が痛ければ、「変形性膝関節症」と診断されるケースがほとんどです。

当院の場合は、「痛いところがあれば、その痛みを取る」だけですので、疾患名は気にしません。完全な骨折の疑いがない限りは、当院は、すべて同じ考えで施術しています。

原因

少々解剖学の話させていただきますが、軟骨にはそもそも「神経」は通っているのでしょうか?

答えは、いいえです。

膝の軟骨に「痛みを感じる神経」は通っていないので、軟骨がすり減っても痛みが出ることはありません。

では、軟骨がすり減って膝に歪み(変形)が出て、どこかの神経を圧迫している?

確かに、ある程度の年齢になっていれば、誰でも多少は軟骨が薄くなっています。私もおそらく10年前と比べれば膝の軟骨は減っています。しかし、私の膝は痛くありません。

同じ条件なのに、痛みが出るケースと出ないケースがあるということは、根本原因は他にあります。膝の痛みの原因は、軟骨がすり減っているからでも 、太ももの筋肉が弱いからでも、歳のせいでもありません。

治療

一般的には、痛み止めの服用や、電気・温熱治療ほか、ヒアルロン酸注射や、トレーニング、リハビリテーションを勧められますが、そのすべてに速攻的な効果はないでしょう。

何故なら、膝関節の痛みの原因は「膝の関節位置がズレていて、正しく動いていないから」です

膝の関節を動かすには、全身の様々な筋肉が働いています。太ももはもちろんですが、腰だっておしりだって足の指だって働いています。その中のどれかに問題があることによって、膝の関節位置がズレて正しい動作ができない為、膝に痛みが出ているのです。

その原因部位は、RMT(当院が推奨する反射運動理論)によって即座に確定することができますので、あとはそこを調整するだけで、変形性膝関節症はスムーズに改善へ向かいます。

手術

当院では、よほど重症でない限り、手術は必要ないと考えておりますが、一般的な変形性膝関節症の手術を以下にまとめておきます。

関節鏡手術

膝の周囲に小さな傷をつけて内視鏡を膝に入れ、膝の内部をきれいにすることで、膝の稼働をスムーズにさせる手術です。膝の内部の掃除と半月板の修復を目的としています。

膝周囲骨切り手術

膝の上または下で骨の形を矯正することで、膝の一部に偏ったストレスを改善するものです。骨を矯正し膝周囲の骨の荷重バランスを調整し、膝の稼働をスムーズにさせます。

人工膝関節手術

人工関節に置き換える手術です。合併症や置換後の日常生活やスポーツ活動などへの制限も生じることがあるため、かなりの重症者に対して実施されます。

手術によって一度メスを入れてしまうと、体は二度と元に戻りません。変形性膝関節症は施術で治ります。

まとめ

変形性膝関節症のレントゲン写真

以前、ある大物演歌歌手が右膝を痛めて病院へ行ったら「もう歳だからね」と医者に言われたそうです。

するとその方、

「あの~、反対の左膝も同い年なんですけど・・・」

医者は何も言えなかったそうです。

膝の痛みの原因は、軟骨のすり減りでも、歳のせいでもありません。原因は筋肉や筋膜が固くなっている場所(膝以外)があり、膝が正しく動いていないからです。膝の軟骨が完全に無くなり、骨と骨がぶつかっていたら、おそらく手術しないと治りませんが、そこまで重症でなければ、変形性膝関節症の痛みは施術で改善します

ただし、膝だけ治療しても痛みはとれません。太ももに電気をかけたりマッサージするだけでは、変形性膝関節症は絶対に治りません。階段が昇れない、降りられないとか、膝が90度までしか曲がらないとか、どんな膝の痛みでも施術すれば確実に改善します。その効果は最短一回です。

「医者に言われたから…」
「もう歳だから…」
「ずっとこの膝と付き合ってきたから…」

諦める必要はありません。現在の治療院に不安を感じましたら、セカンドオピニオンをお勧めします。

関連記事

  1. 有痛性外脛骨
  2. 野球肘は炎症していないの施術で完治可能です。
  3. 安静や手術は不要‼ 野球肩は施術で治る。 損傷切断剥離の嘘!
PAGE TOP