アキレス腱炎や足底筋膜炎は炎症ではないので、施術で治ります。

炎症について

「◯◯に炎症が起きていますね」

身体のどこかを痛めて医療機関に診てもらうと、よく言われるセリフです。

炎症は身体のあらゆる部分に起こります。

炎症を簡単にまとめると

身体に入ってきた細菌やウイルス、毒を退治しようと反応している時や、身体に受けた打撲や傷を早く治そうとした時に、血液が反応して起きる現象です。

炎症には4つの症状があり、ケルススの4徴候と呼ばれています。

  1. 疼痛 (とうつう) 痛みがでること。
  2. 発赤(ほっせき) 赤くなること。
  3. 熱感(ねつかん) 熱を持つこと。
  4. 腫脹(しゅちょう) 腫れること。

蚊に刺された時のことを思い出すと、分かりやすいかもしれません。

スポーツ障害系の炎症について

アキレス腱炎

当院でも、炎症(〇〇炎)という言葉は、よく聞きます。

例えば、

  • 腱鞘炎
  • 上腕骨内側上顆炎(野球肘)
  • 肩関節周囲炎(四十肩、五十肩)
  • 腸脛靭帯炎(ランナー膝)
  • アキレス腱炎
  • 足底筋膜炎

他にも、たくさんあります。

すべて、炎症が起きているとされる部位に、炎症を意味する「炎」を付けた疾患名です。

このように、炎症が起因とされる身体の痛みはたくさんありますが、実際はどうなのでしょうか?

〇〇炎は本当に炎症している?

肺炎や肝炎など、内臓に関する炎症は、専門外なので分かりません。

しかし、今まで多くの〇〇炎を施術してきた経験上、◯◯炎と呼ばれる疾患のほとんど、もしかしたら、全部といっても良いほど、実際には炎症していません。

もし、本当に炎症が起きているのなら、冷やしたり、安静にしたり、場合によっては薬を投与して、炎症が自然に治まるのを待つしか治療手段はありません。

本当に炎症しているのなら、何をしても「今は治らない」「今は痛みが取れない」はずなのです。

なのに、他の医療機関で◯◯炎と診断されて、なかなか治らないと、当院へいらっしゃった患者さんの多くは、施術によって痛みが取れます。

もちろん、氷水で冷やしたり、消炎鎮痛剤を投与したのではありません。

施術で完治させたのです。

腱鞘炎でも、アキレス腱炎でも、足底筋膜炎でも、施術で完治可能なのです。

しかも、最短なら一回、ほんの数分の施術です。

ということは?

そもそも炎症は起きていなかったという事です。

世の中には、◯◯炎と診断されて、何ヶ月も治らない方がいらっしゃいますが、そこまで長く炎症し続けているものなのでしょうか?

ちょっと不自然ですよね。

ウイルスや細菌などの内臓の問題を除けば、炎症を起こす要因は、骨折・脱臼・捻挫・打撲・肉離れなどの、急な衝撃で痛めた場合だけです。

安静にしていれば、長くても1週間程度で炎症は治るはずです。

それなのに〇〇炎は何か月も炎症し続けている…

つまり?

〇〇炎と診断されても、本当に炎症しているケースはほどんど無いという事です。

これもう、ゼロと言っても良いくらいのレベルです。

まとめ

「〇〇炎なので、炎症が治まるまで待ちましょう」

などと診断されて、

何か月も炎症と言われていませんか?

何か月も安静にと言われていませんか?

今、通っている医療機関に不安を感じているのでしたら、一度セカンドオピニオンをお勧めいたします。

関連記事

PAGE TOP